アミノ酸で優しく洗い、馬油でコーティングでうっとりつや髪に

髪の毛のためにできること

正しいシャンプーの仕方

 

ブラッシング

 

頭皮の血行が良くなり、髪の毛のからみ、ほこりはある程度とれます。

 

髪は水に濡れると絡みやすくなり、もつれたままシャンプーをすると、頭皮を傷つけてしまう恐れもあるので、シャンプー前のブラッシングを心がけましょう。

 

静電気の少ないウッドブラシなどを使うと、髪の毛への負担も軽減します。

 

濡らす

 

「シャン婦0-を洗い流す」感覚で、しっかりと濡らしてください。

 

時間にして約2〜3分、少し熱め(40℃くらい)温度で行います。

 

この「すすぎ」作業で髪の汚れは70%程度おちてしまいます。

 

シャンプー量も少なくすみ、泡立ちもよくなります。

 

シャンプーをつける

 

あらかじめスポンジなどで泡立てて、泡で洗います。

 

こうすることで、髪の毛同士の摩擦から守り、キューティクルが傷つきにくくなります。

 

爪は絶対たてずに、指の腹でマッサージするように洗いましょう。

 

髪の毛を洗うより、地肌を洗うことを意識します。

 

シャンプーの仕方は「髪の毛の流れに逆らう」が基本です。

 

下から上へ、丁寧に洗います。

 

すすぐ

 

十分過ぎるくらいシャンプーを洗い流してください。

 

髪の毛の長さや量にもよりますが、3分以上はシャワーですすいだ方が良いでしょう。

 

洗う時と同様、下から上へ洗い流すようにしてください。

 

流し残しはフケやカユミ、脱毛の原因になる事もあるので、注意しましょう。

 

効果的なトリートメントの方法

 

水気を軽く切る

 

髪の毛につける

 

地肌に直接つけないように注意してください。

 

指通すときに軽くつく程度であれば大丈夫ですが、地肌(頭皮)にべったりとつけると、油分過剰になることがあります。

 

時間をおく

 

特にダメージが気になるときは、2〜3分ほど時間をおいてください。

 

タオルなどで覆って湯船につかり時間をおくのも良いですね。

 

すすぐ

 

シャンプーと同じくらい、洗い残しがないように十分にすすいでください。

 

髪の毛の乾かし方

 

まずは、タオルで丁寧に髪の水分を拭き取ります。

 

このとき、ごしごしとタオルでこすらないようにしましょう。

 

できるなら、自然乾燥が良いのですが、ドライヤーを使う場合は、頭皮から15cm以上は離してください。

 

また、熱風が一カ所に集中しないことも大切です。

 

髪が濡れたまま寝てしまうと、雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮を傷めてしまいますので、注意しましょう。

 

注意ポイント

 

基本的に二度洗いは避けましょう

 

どうしても髪の毛・頭皮の汚れが気になる場合は、一度目の量の半分の量で二回目のシャンプーを行ってください。

 

皮脂の落としすぎに注意

 

皮脂は私たちのお肌を守ってくれる優れたスキンケア成分です。

 

適度な皮脂は水分の蒸発を防いだり、外敵からお肌を守ったりする役割を持っており、私たちにはなくてはならないものです。

 

しかし、皮脂を落とすことが髪の毛に良いという考えを持った方は多いです。

 

皮脂を落としすぎると、人の体はそれを補おうとし、必要以上に皮脂を分泌してしまうという悪循環に陥ってしまう恐れがあります。

 

頭皮・髪の毛を清潔にしておくことは大切ですが、皮脂を取り除くこと=清潔な状態ではないので、注意が必要です。

お得なセット

リマーユの馬油