アミノ酸で優しく洗い、馬油でコーティングでうっとりつや髪に

体内からの影響

飲酒

適度な飲酒は血行をよくしたり、ストレスを解消したりと良い一面もありますが、アルコールに弱い方や飲み過ぎには注意が必要です。

 

髪の健康に深く関わっているアミノ酸は、アルコールを分解するためにも使われます。

 

体内では、生命維持に必要なところに優先的に栄養分が回る仕組みになっています。

 

体を健康的に保つということは髪の毛への健康にもつながるのです。

 

喫煙

髪の毛に栄養を運ぶのは血液ですが、たばこを吸うと、ニコチンが血管を収縮させ、血液の流れが悪くなります。

 

育毛には禁煙は絶対条件と言えます。

 

睡眠不足

髪や皮膚のダメージは、就寝中に働く免疫細胞やホルモンによって修復されます。

 

髪の毛は、夜間に成長するため、規則正しい、そして質の良い睡眠が良いことです。

 

ストレス

過度のストレスは緊張を招き、筋肉が収縮して血管が細くなります。

 

また、過度のストレスは自律神経のバランスをくずし、不眠などの症状も引き起こします。

 

食生活

偏食や、肉類の摂りすぎ、油ものの摂りすぎなど、栄養バランスの悪い食生活は発毛・育毛の妨げになります。

外部からの影響

洗浄力の強いシャンプー

比較的安価で洗浄力の強いシャンプーとして有名なのが「硫化系洗浄剤」です。

 

市販のシャンプーによく使われている洗浄剤ですが、皮膚刺激など問題視されるケースも少なくありません。

 

また、頭皮を清潔に保つことは大事ですが、皮脂を取り過ぎることで、頭皮の乾燥などが起こり、注意する点もあります。

 

紫外線

生命活動を行っていない毛髪は、紫外線を浴びても炎症を起こすことがないため、そのダメージに気づきにくいものです。

 

自らの力でダメージを回復させていく肌と違い、毛髪はダメージを蓄積させるだけなのです。

 

その結果、ぱさぱさ、がさがさ、ごわごわ、枝毛、切れ毛などにつながっていきます。

 

紫外線による頭皮、髪の毛への影響
  • キューティクルの損傷:紫外線を浴び続けた髪の毛はキューティクルが剥がれやすくなり、髪の毛の結合力が弱まります。
  • 頭皮の日焼け:髪の分け目などの頭皮は日焼けによる炎症を起こしてしまい、頭皮の乾燥や脱毛の原因になります。
  • 髪の毛の色の変色:強い紫外線は髪の毛のメラニン色素を変色させます。
  • フケ:紫外線により痛んだ頭皮は、フケの原因にもなります。
  • 皮脂の酸化:紫外線が頭皮の皮脂を酸化させ、抜け毛の一因になる可能性があります。
  • 新陳代謝の低下:髪の毛や頭皮も、肌と同じで紫外線を浴びると、新陳代謝が低下し、老化へとつながり、育毛の妨げになります。

お得なセット

リマーユの馬油